リタトリップは、外国人旅行者の悩みや疑問を日本のローカルの方が解決する旅行Q&Aサービスです。

あらゆる人がリタの旅で感動する世界

リタ(=利他)とは、自分のことよりもまわりの人の幸せを願うことという意味があります。

今は貧しく苦しい生活をしている子どもたちが、将来日本に旅行にやって来る日がきます。
日本の文化や歴史に興味を持ち、花見に魅了され、紅葉の美しさに感動します。
おいしいお寿司に舌鼓をうち、温泉で癒やされ、日本酒に頬を染めます。
日本の地元の人のリタ(利他)の行動や思いやりに触れ、笑顔になります。
生涯忘れることのできない思い出を作ります。

このような日がくると私たちは信じています。
私たちがそういう未来を創ります。

世界はリタの旅を待っている

ミッション
ビジョン
ストーリー

ミッション

リタの旅を世界に広める

私たちは、困っている人や、助けを必要とする人に手を差し伸べられるプラットフォームを提供します。
1人ひとりの優しさや思いやりがエネルギーとなり、より多くの人を笑顔にする場をつくります。
「リタの伝染」を起こし、あらゆる人が幸せになれるよう影響を与えていきます。

ビジョン

あらゆる人がリタの旅を楽しむ世界を

いま貧困や飢餓で苦しむ人びとが、将来いろいろな国や地域を旅し、文化や自然、食を楽しみ、ローカルの人とふれあい、かけがえのない思い出をつくる。
誰もが、かつて貧困地域と言われていたところへ旅をし、現地の人からリタのサポートを受け、人とのつながりを感じ、異文化や非日常を満喫する。
そういう未来を実現できると信じています。

ストーリー

リタトリップのはじまり

リタトリップは、代表である武田の2つの原体験から生まれました。
1つは南スーダンでのできごと。仕事で出張した際、現地で目にしたのは、ボロボロに破れて汚れた服を着た子どもや汚れて茶色になった水を口にする子どもたち。現地の男性が言いました。「子どもたちのために、だれも何もしてくれないんだ」。
2つめはスリランカ旅行でのできごと。
偶然拾ったタクシードライバーの男性が、現地で気をつけるべきことや地元の人しか知らない絶景の場所などを教えてくれました。出会ったその日に武田を家に招待し、世界一おいしいという妻の手料理カレーをご馳走してくれました。

TOP