リタトリップのはじまり

リタトリップは、代表である武田がバックパッカーとして訪れたスリランカでの素敵な体験をもとに生まれました。

武田が偶然拾ったタクシードライバーの男性が、現地で気をつけるべきこと、行ってはいけない場所、地元の人しか知らない絶景の場所などを教えてくれました。
出会ったその日に武田を家に招待し、世界一おいしいという妻の手料理カレーをご馳走してくれました。
翌日、観光案内をしてもらうためにタクシーを貸し切ったとき、やってきたのは本人ではなく友人だったのです。
稼ぎの少ない友人のために観光案内を譲っていたのです。

「自分がしてほしいことは、まず人にしてあげること」

タクシードライバーの男性からは、ご飯だけでなく利他の心をもらい、忘れられない記憶となりました。
この原体験がアイデアのもととなりリタトリップのサービス構築に至りました。

↓ブログ
リタトリップのはじまり スリランカの旅

TOP